読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

一日を孫に遊ばれ菖蒲の日(あ)

今日は私一人で孫二人の面倒を見なければいけないという恐怖の日。
朝6時過ぎにママが車で小田原の仕事に出かけた。本当は5時に出る予定だったが、9時に小田原に着けばいいと聞いて、では朝食を摂ってからでも間に合うだろうとママに朝食を作ってやった。その頃には早起きの孫娘はもちろん、お兄ちゃんも既に起きていた。
長い長い一日の始まりである。カミさんは一昨日、仕事が終わってから伊豆へ向かうと夜9時過ぎになると連絡をよこした。つまりはカミさんが到着するまで、孫たちに朝ごはんを食べさせ、昼ごはんを食べさせ、お風呂に入れて晩ご飯を食べさせ、布団を敷いて寝かせるまで、すべて一人でやるということだ。もちろん、合間の時間をべったり濃厚に孫と過ごすわけで、これはたまらん勘弁してくれ、の一日なのである。
近くに住んでいるんだから孫の世話を向こうの親に頼めばいいのに、とカミさんはぶつくさ言うが、その実、孫の世話をするのは満更でもないらしい。ただ自分の仕事を休んでまで世話をする気はなく、お父さん(私のこと)はどうせ仕事してないんだからお父さんが面倒を見てやってよと私に振るのである。ああ私も仕事をしていたら、仕事だからダメと断れるのになあ。
朝食を済ませ、ブランコ公園まで散歩に連れ出す。公園までの道は孫たちの勝手知ったる道だから、私に構わずどんどん先へ先へと歩いていく。私との間隔を意識的に広げようと近道の階段も走って降りるからこっちはヒヤヒヤする。階段を降り切ったところが大きな道路で、車もそれなりのスピードを出して往来するのだが、階段を走って降りた勢いでその道へ飛び出された日にゃ肝を冷やすどころではない。凍りついてしまう。「走るな」と注意して注意を聞くような玉じゃない。
公園で二人はしばらくブランコを漕いでいた。漕ぐのに飽きてくるのを待っていたが、なかなかやめない。特にお兄ちゃんはずっと漕いでいる。孫娘が時折滑り台を滑り、鉄棒で逆上がりをして見せても、黙々と漕ぎ続けている。

f:id:jijiro:20170505085945j:plain

コンビニへ行ってアイスを食べようと誘って、ようやくブランコから離れた。で、コンビニに着くと、孫娘がお腹が痛いと言ってトイレに駆け込む。間一髪セーフだったが、これがおいそれと出て来やしない。だんだんお兄ちゃんが痺れを切らす。
そうこうするうちに孫娘がトイレから出てきた。お腹が痛いのではアイスはダメだねお菓子にしようと言ってお菓子を選ばせるが、お兄ちゃんはすぐに選んだのに孫娘の方はなかなか決まらない。それでまたお兄ちゃんがイライラを募らせる。
坂道をゆっくりゆっくり時間をかけて家に戻る。孫娘がおんぶをねだってくるかと思って、言ってきたらおんぶする覚悟でいたら言ってこなかった。少しは我慢強い子になったかなと、その成長ぶりを喜ぶ。
昼食後、さて何をして過ごそうかと思案しているところへお兄ちゃんが「パチンコを作りたい」と提案した。パチンコと聞いて、最初、釘の間を球が落ちるやつを連想したが、そのうちゴムパチンコのことと知り、庭木にY字型の枝を探した。そうしたらこれがうまい具合にあったんですねえ。だいぶ前に枇杷の剪定をした時にバッサバッサと鋸で切り落とした枝が、隣家のコンクリート壁に立てかけてあったんです。ゴムもまたちょうどよく、先日10個1束のハンガーを買った時に束ねていたゴムを捨てないで残してあった。まさか、それらを見てパチンコ作りたいと言ったんじゃないよね、お兄ちゃん。だとしたらすごいぞ。

f:id:jijiro:20170505142614j:plain

パチンコ作りの後は、孫娘が外でスケッチしたいと言い出した。お兄ちゃんもそれに乗る。私のハガキ絵に触発されたみたい。で、二人にそれぞれスケッチブックを持たせると、二人は近所のサツキの垣根の前に座ってスケッチを始めた。そのサツキの垣根に絵心をそそられたのだろう。私も描いてみたいぞと思わせる、それはそれは見事なサツキでした。

f:id:jijiro:20170505154811j:plain

f:id:jijiro:20170505160540j:plain

晩ご飯はカレーライス。孫娘が作りたいと言い出した。帰りはタクシーに乗ると条件を出し、田京のスーパーまで孫を連れて買い出しに出かける。具材を買い揃え、さてタクシーに乗ろうとしたが目当ての駅前のタクシーはすべて出払っていた。そのうち戻るだろうとベンチで待ったが、しばらく経っても一台も戻って来ない。歩いた方が早いなと孫を立たせ、歩いて家に戻る。孫娘は歩きたくないふうでヨタヨタしていたが、結局最後まで歩き通した。すごいぞ偉いなあと、またしても成長ぶりを喜ぶ。
具材の玉ねぎ、ジャガイモ、パプリカ(人参の代わり)は孫娘が包丁で切った。肉は私が炒めた。入れた水が多すぎてスープカレーみたいになり、ルーはバーモントカレー甘口(孫娘が選んだ)だったけど、バーベキューのカレーみたいで旨かったよ。ごちそうさま。
カミさんは夜9時半近くになって到着。孫二人は既に深い眠りに就いていた。そうだね、今日はいっぱい歩いたものね。お疲れさま。いい夢を見るんだよ。

【歩数】14,610歩。(今月の記録)