読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

病院の帰り待つ傘冬の雨

午前8時過ぎ、嵐のような雨風の中を歩いて伊豆健康医療センターに行く。強風に傘がお猪口になるのを必死に堪えてセンターに着いたのが8時半ちょっと前。なんとか予約の時間に間に合った。

今月6日(火)に一度受診してCTを撮っていた。担当医が、撮ったばかりのフィルムを見ながら、これだけではなんとも判断ができないと言った。そう言われることは百も承知で、実はこれまでのデータが藤沢の病院に保管されていると告げると、ではそれを見てから診断しましょうとなった。後日、藤沢の病院からデータが届いたとの知らせを受け、それで今日27日を予約しておいた。

診断の結果は、これまた予想どおりのもの。今までと同じように年に一度経過観察していきましょうということで、その場で一年後の予約を入れる。「一年先のことは分からない、(予約の日を)忘れちゃうかもしれない」と言ったら、「では覚えやすいように10月31日にしておきましょう」と言う。なんでその日が覚えやすい日なんだろう、よく分からない。

「毎年、診断書を書いてもって、それを職場に提出していたのですが、今回も診断書をお願いしていいですか?」と訊くと、「これにコメントを書く欄がありますから、ここに書いておきましょう。そうすればお金もかかりませんし」と、前回持参した職場検診の結果報告書(コピー)を見せながら言う。

それはありがたい、診断書の費用を払わなくて済むならそれに越したことはない、お願いしますと一筆書いてもらった。

午後、出勤してリーダーに、病院で診断書を書いてもらわなくても澄んだ話をした。そして、学校教育課へ精密検査結果をどのように報告したらいいか訊いた。そうしたら、そんなことはしたことがないと言う。まさか。

もう一度訊いたが答えは同じ。自分の健康管理のためだから報告には及ばない、だって。そんな馬鹿な。普通、報告するでしょう。

「向こうから何か言ってきたら報告すればいい、それまで保管しておいたら? 」と言うから、そうすることにした。なんだ、だったら無理して精密検査を受けるんじゃなかったな。結果は分かっていたのだし。(あ)


【写真】今日行った伊豆健康医療センターの傘立て。

f:id:jijiro:20161227094113j:plain

受診を終えて会計を待っていたら、年配の女性がケータイを耳に当てて大声で話している。どうやら息子さんが交通事故を起こしたらしい。交差点で20代の若い男が、息子の運転する車の横腹に猛スピードで突っ込んできた、息子のほうはエアバッグが破れて怪我をした、それで今病院に来ている、といった内容。横腹に突っ込まれてエアバッグが破裂? そんなことってあるんかい、と疑問に思ったが、ともかくその声の大きさには参りました。会計を済ませて早々に退散。


【タイムラプス】6:24〜8:00の韮山方面の雨空。24秒。

https://www.facebook.com/100001436582002/videos/1296659000391974/

雨天撮影用に、前もって2階の軒下にiPhoneセッティング場所をこしらえておいた。それからしばらく雨が降らず、出番がなかなか回ってこなかったが、今日やっとその出番が回ってきた。

屋根の庇が映像に入り込まないギリギリの角度にしたので、空を画面の半分しか撮れない。もう少し前に突き出せば空をより広く撮れるが、それだと雨に当たってしまう。今度のiPhone7 Plusは防水加工が施されているとはいえ、2時間も雨に晒すのはいかがなものかと思って無理をしないことにした。


【あやめ湯】18:37〜19:12。2→1人。


【歩数】7,641歩。