読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

新米の粒一つずつブログ書く

写真は、新装開店間近のコンビニ。

f:id:jijiro:20160929121530j:plain

小学校正門脇で夏から始まった工事は、コンビニ新装開店の工事だった。一体何が建つんだろう、造りからしてどうもコンビニのような気がするが、既にコンビニは隣で営業している、コンビニが隣同士になるなんてあるんだろうか、などと職場でもひと頃話題になっていたが、今日、看板が取り付けられ、果たしてコンビニであることが分かった。

要は、隣にあったコンビニをこっちに移しただけのことだったわけだが、道路の四つ角に面していた店舗を解体してわざわざ隣に建て直すメリットはどこにあるんだろう。駐車場を拡張するのだったら、隣接の敷地をそのまま整地するだけでよかったものを。もしかして、筋向かいの温泉旅館が観光バスの駐車スペースを確保するために(この旅館はマイクロバスが2台駐められるくらいの駐車場しか持っていなかった)角地を買い上げ、店舗を隣にずらしてもらったのだろうか。まあ、こちらとしてはどうでもいい話ではあります。てなことを書くこのブログもまた、どうでもいいようなこと満載ではあるのですが。

どうでもいいかそうでないかの境目は、その人が抱く興味関心の濃さ薄さにある。私のブログは、毎日起こる身近な出来事を拾い集めて書くのがメインだから、そういうことにまるで興味関心がない人にはどうでもいい話であることには違いない。でもそれでいい。私は何を見て、何を聞いて、何を感じて、どういう人とどんなふうに関わっているかを、ブログを書くことで日々確かめられればそれでいいんです。

読者を意識しないといえば嘘になる。ブログのアクセス解析は毎日見る。昨夜のアクセス数は24。一昨日は40。日によって差はあるが、アクセス数が多いと素直に嬉しいし、それが励みになったりもする。逆に少ないとやはり凹む。でもそれは、書く内容が内容だからしかたないでしょう。一個人の身辺雑記なんて、そんなものを読む暇があったらYahoo!ニュースにアクセスするって。私だったらそうします。

ブログを書き終えてアップするとき、知っている人の顔が、あの人この人と浮かぶ。兄姉姪、高校時代の同級生、大学時代の体連仲間、元同僚、教え子…、みんな元気にしているだろうか、私は、ほれこのとおり元気ですよと送信ボタンをクリックする。

ブログを書き綴るもう一つの理由は、そうした私の安否確認という意味合いもある。だから、ブログがしばらく途絶えたら、そのときは私の身に何かが起きたと思って結構です。そんな心配をかけないために、今後もブログを書き続けていこうと思っていますので、お暇なときにはたまに覗いてみてください。(あ)

あやめ湯(18:37〜19:11)3→1人。

タイムラプスは、9月29日(木)5:33〜8:00の伊豆長岡の空。

https://www.facebook.com/100001436582002/videos/1203763943014814/

3,878歩。