読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

ハンモック流れる雲を右左

呑み友と一緒に伊豆を訪ねてくれたラン仲間の一人が、今日は横浜で学校説明会があるからと言って午前7時前に帰って行った。翌日に仕事を控えながら、それでも伊豆に来てくれたことをありがたく思う。

さて、残りの三人はと言うと、これを走らなかったら伊豆へ来た意味がないでしょうと言い残して、午前8時に田中山へ続く道を上って行った。田中山へ出て、そこから尾根伝いに走り、韮山カントリー手前から一気に反射炉に向かって下るコースだ。昨夜、日本酒1本、焼酎2本(いずれも720ml)をぺろりと空にして、湿気むんむんの猛暑の中を走ろうってんだから、恐れ入谷のすごい人たちです。

私は、走るなんてとんでもない糖尿の人だから(と言いながら酒だけは皆に負けじとがぶがぶ呑む)、一人家に残ってブログ書きに取り掛かる。が、宿酔が昨夜の酔いを引きずって、頭がうまく働かない。書ききれないでいるうちに、あれよ、走りに出た三人はあっという間に帰ってきた。速い。なんて速さなんだ。みんな還暦を超えた人たちですよ。しかも、フィニッシュの家の前の急坂をすました顔で走ってくるなんて、一体どういう人たちなの。

滝のような汗を順番にシャワーで流し終え、さあ、完走を祝して乾杯だ、冷蔵庫には昨夜呑み残した缶ビールがしこたまある、走るの楽し人生楽しと行きたいところだが、私は午後から仕事があって付き合えない。それを察して三人は30%引きのロールパンを牛乳で流すにとどめた。そういう気遣いの人たちなのである。

私が職場に向かう時間に合わせて一緒に家を出る予定だったが、私にゆっくりさせようと午前11時に呑み友たちは帰って行った。どうせなら三島広小路スープカレーの店で昼食をしたらどうかと勧めたが、果たして行ったかしらん。きっと、いずっぱこの中で缶ビールでも呑みながら、ゆったりのんびり帰ったんだろうな。

今年も愉快なひと時を過ごすことができました。ありがとね、また来年も走りに来てくださいね。来年は釣った天然のアマゴを振る舞うからね。

写真は、ハンモックと青空に浮かぶ雲。

f:id:jijiro:20160817154807j:plain

初めてハンモックに揺られてみた。最初は乗り方のこつが分からずひっくり返ったりしたが、中央の網の襞を指で外側にまとめ、見えた中心線に尻を置くとすんなり乗れた。

いやあ、思っていた以上に快適です。緑豊かな高台のせいか、空気はうまいし、そよ吹く風が爽やか。ソーラーで鳴る携帯ラジオでクラシック音楽を聴きながら大きな空を見上げていると、世の中のちまちましたことがどうでもよくなって、啄木の「……空に吸はれし十五の心」ではないが、流れ行く雲に自分のすべてを委ねたくなります。

午後3時頃からは日も傾き、ハンモックがうまい具合に2階の陰に入るから日除けなんて要りません。デッキにくくりつけて正解でした。次はこれで星空でも眺めるとしよう。(あ)

タイムラプスは、8月18日(木)8:05〜9:38の伊豆長岡の空。

https://www.facebook.com/100001436582002/videos/1166250153432860/

あやめ湯(18:32〜19:01)1→2人。

1,943歩。