いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

枯芝を炭の焦がしてピザ焼けり(あ)

「第12回 パン祖のパン祭」に行ってきた。昨日は「ベケライ・ダンケ」に足を運び、「全国高校生パンコンテスト」の様子を見た。見たといってもパンを作っているところを見たわけではなく、審査結果を待っている様子を見だだけだった。それで今日は「韮山時代…

大寒に向かふ熱気のまつしぐら(あ)

【写真】全国高校生パンコンテスト会場。 午前11時ちょっと過ぎ、全国高校生パンコンテスト会場の「ベケライ・ダンケ」に行ってみた。バイクだと10分もかからない。実は昨日、職場の帰りに店に寄って今日のパンコンテストの行われる時刻を訊いたのだったが、…

大寒や小鳥くらくら迷ひ来る(あ)

中学校でインフルエンザがはやっている。特に1年生に集中。それで今日は1年生だけ授業を5時間で終了して下校させた。昼から担任の先生が出張で、帰りの会には代わりの先生が来た。代わりの先生に頼まなくても私一人で帰りの会は対応できたが、非常勤の支援員…

巣立つ子の合格通知寒桜(あ)

【写真】伊豆の国桜(薄寒桜)。 勤務する中学校の畑の脇に「伊豆の国桜」という桜の木がある。源木は畑の上にあって、平成23年1月に中学校改築に合わせて移植したのだという。「伊豆の国桜」という桜があるとは知らなかった。平成21年に当時の伊豆の国市長…

早梅の雨滴らす通ひ坂(あ)

図書室でいい写真集を見つけた。旧大仁町の風景が載っている写真集である。 写真はすべてモノクロだが、一つこれを絵に描き彩色してみたらどうだろうと考えた。昭和の風景を絵ハガキに蘇らせるのである。蘇らせるとは随分偉そうな物言いだが、今も撮りためた…

若き技集ふ寒九のパン祭(あ)

今日の6校時、1学年の「総合の時間」に中学校近くのパン屋「ベケライ・ダンケ」のご主人の講演を子どもたちと一緒に聴いた。ご主人は「パン祖のパン祭」の実行委員長を毎年務めている方で、中学校のPTA会長さんでもある。演題は「働くということ」。職業教育…

生垣を鳥の掠めて寒九かな(あ)

1校時は久々の畑作業。鍬を入れるたびに石ころがゴロゴロ出てくるわ土は粘土質だわで、まさに荒地を開墾するごとくである。でも、子どもたちは楽しいらしい。毎日の朝の会では日直が一人を指名し「今日の目標」を言ってもらい、それをホワイトボードの端に書…

水仙のまづ一つ咲き初むる庭(あ)

今朝、目を覚ましたら、障子窓がほんのり明るい。もう7時の頃合いかと思いながら枕元の石油ヒーターのスイッチに手を伸ばす。スイッチを入れて部屋が暖まるまで布団にくるまりながらブログのネタを考える。朝はいつもそうやって起きる。平日は仕事があるから…

ストーブは入口にあり定食屋(あ)

【写真】久々の「たか」の定食。 今日は12時過ぎに店に入ったので、大仁駅向こうの工場のユニホームを着た従業員さんが4人テーブルに就いていた。ちょうど4人とも食後の一服をしているところで、煙たくて仕方がない。でもまあ、私もかつては一日1箱吸ってい…

蝋梅の俯くほどに黄の匂ふ(あ)

突然の避難訓練(火災)で驚いた。たぶん朝の打ち合わせで実施の説明はあったのだろうが、朝の打ち合わせに出ない私はそのことを知らない。知らないで4校時の授業支援でパソコン室にいたら、突然警報が鳴り、保健室から出火したと放送があった。最後に「これ…

グランドを富士吹き鳴らす虎落笛(あ)

ソニーから新型アイボが発売された。価格は19万8000円(税別)。もっと高いと思っていたが、思ったほど高くはない。12年前に発売された初代アイボの時は全く欲しいとは思わなかったが、今回のはちょっと欲しいぞと思った。独り住む家の中にこんな奴がいると…

大寒や己が信用宝とし(あ)

【写真】大仁の本&文具屋。 文具を買うときによく利用する店。漫画用のペンも水彩画用紙もここで買った。本は買ったことがない。生まれも育ちもずっと修善寺の特別支援学級担任の先生によると、昔は1階が本売り場、2階が文具売り場だった由。今は2階を閉め…

富士見えて隠れてもなほ淑気かな(あ)

5校時の学活を書写にしてもらった。それで新春恒例の書き初め。書き初めの準備は実は昨年の11月下旬から取り掛かり、用紙を渡して冬休みの課題にもしていた。それで、今日書いた分も含めて、県のコンクールに出品する作品を選び、それとは別にクラスの中から…

修善寺の湯を初湯とし雨の音(あ)

孫に破かれた障子をプラスチック製のに張り替えた。プラスチック製の障子紙は両面テープで張る。それで両面テープも買ってきたが、なんと、一枚の障子を張るのに両面テープ一本では足りなかったというお粗末。仕方なく、横の桟は上下と真ん中だけにして、残…

豪族もかくや初富士拝みけん(あ)

穏やかな日曜である。今日の昼は、田京の「とん一」でカツカレーを食ってみようと思った。以前「とん一」ではカツ丼を食ってトンカツのボリュームと柔らかさとに満足し、そのとき、カウンターの隣に座った馴染み客らしい人が頼んだカツカレーをチラ見して、…

獅子舞の出でて三三七拍子(あ)

昼、大仁の一二三荘でひと風呂浴びてから辻堂へ向かう。Pocket WiFiを解約するためである。去年の暮れ、田京のソフトバンク店に行ったらワイモバイルは当店では扱っていないと言われ三島のイトーヨーカ堂内にある店を紹介された。が、後日その店へ行くと、ま…

やや照れて地蔵目深の毛糸帽(あ)

今日から3学期の始まり。去年2学期の終業式ではスーツ姿でないのは私一人だけだったので、居心地悪い思いをした。それで今日の始業式はバシッとスーツを着て臨んだ。体育館はさすがに底冷えの寒さだったが、子どもたちは寒いだへったくれだ言わず静かに整列…

ままごとの忘るる見えて破れ障子(あ)

今日で正月休みは終了。明日は3学期の始業式です。明日も休みだったら8日まで休めるのに。 【写真】孫に破られた障子。 小学校5年と3年にもなって、孫もさすがに障子を破いたりはしないだろうと油断していたら、やられた。最初、私は気づかなかったが、掃除…

ストーブの薪焚べ終はり孫の去る(あ)

孫どもは年末年始を伊豆で4泊過ごし、今朝6時に迎えに来たママの車で帰って行った。カミさんはその2時間後に仕事で帰って行った。ようやくのんびり過ごす時間ができたところで、今年一年の抱負をまとめてみる。今年は何をやりたいかと考えてまず思いつくのは…

正月や蜂巣も我も子も孫も(あ)

孫の世話4日目。ママは仕事で朝早く出かけたが、昨日の夕方にカミさんが到着して二馬力になった。カミさんは横須賀から電車で来た。電車で伊豆へ来るのは今回が初めてである。着いて早々「まあ遠いこと、青森へ行くのと同じくらい遠く感じた」と言う。そんな…

恬淡を標となすや初詣(あ)

昨日寝る前に、デッキから初日の出を見るぞと孫に言った。伊豆の初日の出は6:52だから(ネットで調べた)、普通に起きてもたっぷり間に合うと思っていたら、孫がなかなか起きてこない。いや、孫娘は一度6時前に起きてきた。起きてきて、薪ストーブに当たりなが…

聴くとなく聴き入る紅白歌合戦(あ)

一人で二人の孫の面倒を見るのに、何がいちばん大変と言って、晩御飯の買い物ほど大変なものはない。私は車を運転しない。一人のときの買い物はバイクで何ら不自由ないが、孫がいるとバイクは乗れない。孫を家に置いて買い物に行くわけにもいかない。まして…

鍋焼をせむ母を待つ子らのため(あ)

午前7時過ぎに、ママの車で孫どもがやって来た。本当は昨日の夜に来る予定だったが、仕事で疲れたのだろう、今日の朝そっちへ行くからとママからメッセージが入った。孫を降ろしてそのまま仕事場へ向かうのはいつものパターン。いつまでこうして学童みたいな…

亡き父のジャンバーを着て根深汁(あ)

今年はどんな年だったかを振り返ってみる。第1位。藤沢のマンションを売却し伊豆の国市に移住する。今の伊豆の家の購入を決めたのは今から5年前の2012年8月。私が勝手に決めた。それ以来、藤沢と伊豆を行ったり来たりの二重生活が始まる。二重生活を始めたの…

ゆく年を莞爾として囲碁打ちにけり(あ)

年も押し詰まって、今年も残すところあと3日。そろそろ今年の重大ニュースをまとめなくてはいけないが、明日から水晶苑が年末年始の休みに入るので、そこで頭をじっくり整頓するとしよう。と思っていたら娘からメッセージが入り、29日の夜から子どもたちを連…

凩やこの世あの世の境なし(あ)

【写真】三島のイトーヨーカドー。 三島市最大のショッピングモールで、三嶋大社から歩いて10分ほどのところにある。今日は、そのショッピングモール内のY!mobileに用があって出かけた。長男に貸していたモバイルルータが不要になったので、それを解約するた…

賀状書く人のまた一人が消えて(あ)

今日は病院のハシゴ。まず、8時半に田京の健康医療センターへ行って胸部X線撮影。これは年に1回行うもので、藤沢に住んでいるときは市民病院で20年間続けてきた。その度に医師に診断書を一筆書いてもらい、それを職場に提出していた。職場の健康診断は無料が…

大海の風を背にして年惜しむ(あ)

昼前に茅ヶ崎の歯医者に向かう。そろそろ歯の治療のためにわざわざ伊豆から茅ヶ崎まで行くのはやめにしたいところだが、伊豆の近場に手頃な歯医者を見つけられず、だらだらと茅ヶ崎に通い続けている。通い始めてかれこれ30年以上にもなろうか。その一方で、…

枇杷酒をぐびと独りのクリスマス(あ)

今日、アマゾンで注文した本が届いた。最初はセブンイレブンで夏から始めた本の注文サービスを利用しようとしたら、店員が操作したタブレットの検索画面に「扱っておりません」と出た。とうとう本屋にいかなくてもコンビニで本を注文できるようになったか、…

寒鴉やや嗄れて囲碁のまち(あ)

【写真】木谷道場跡地の碑。 かつてここに囲碁の木谷道場があった。碑には「囲碁界に尽くされた木谷實九段は昭和十四年から昭和五十年まで この地の自宅を木谷道場として 多くの内弟子を育てた(略)」と刻されている。私が知るだけでも、大竹英雄、石田芳夫…