いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

木枯らしやテニスネツトを張りつめて(あ)

【写真】軟式テニスのラケットとボール。 今日は体育の授業でテニスをやった。中学校ではテニスといえば軟式テニス。私の初任の高校もテニスといえば軟式テニスを指していた。今でこそ高校のテニスは硬式テニス部が主流だが、私が初任した当時は硬式テニス部…

魚焼く煙一条隙間風(あ)

【写真】ホッケ。 いつも行く魚屋でホッケを買う。これに大根おろしを擦れば今晩酌のメインディッシュ。ここのホッケは肉厚で脂がのって旨い。でかくてコンロで焼くには頭と尻尾に火が通らないから、買ってきてすぐに身を半分に切って冷凍庫に仕舞っておく。…

遠慮などせずともよろし実万両(あ)

最近インストールしたアプリ「NewsDigest」で、映画「この世界の片隅に」が、公開開始から12日で2年になると報じていた。タイトルには「異例ロングラン」の文字が躍っている。この映画を私はまだ観ていない。原作が漫画家・こうの史代の同名のコミックである…

ココア飲むカツプ窓辺に冬浅し(あ)

今日は飲兵衛夏旅行の反省会。反省会は旅行最終日に横浜でやるのが通例だったが、今年は大型台風接近を考慮して反省会を見送った。それで、その反省会をなかなかやれずに、今日までずるずる引きずっていた。去年までは私が藤沢のマンションに寝泊まりできた…

じやが芋の焼きあがるまで悪戯子(あ)

【写真】じゃがバターを頬張るいたずら小僧たち。 水晶苑から帰って文芸誌を読んでいたら、いたずら小僧がやって来た。土曜はお客さんが来るからと言っておいたのに、それを無視して来やがった。来たのは常連の2人と、来るのは今日が初めての田中山君。田中…

踏み石にしなだれ雨の野菊かな(あ)

2年の音楽の授業に参加。合唱コンクールが終了してから、音楽の授業は「鑑賞」に入った。2年が鑑賞するのはスメタナの「モルダウ(ブルタバ)」。より鑑賞を深めるためにと前時に図書室やパソコン室で、スメタナの生涯や、チェコの歴史、なぜ川の呼び名が二…

冴ゆる夜の心に満たすもののあり(あ)

今日の5校時と6校時に「思春期講座」があった。いわゆる性教育である。5校時は2年生対象、6校時は3年生対象で、講師は同じ先生だが、当然ながら話す内容は異なった。2年生は生命の大切さをテーマとし、3年生はそれに性感染症の話が加わった。私はそのどちら…

宿題の子も縁側に小春かな(あ)

【写真】スーパーカップアイスとバッグ。 「水曜に行くから」と言っていた子が、「いいよ来なくて」という私の否にもかかわらずやって来た。しかも今回は、いつものいたずら小僧二人のほかにもう一人加わっていた。私が庭の梅の木の枝を剪定し終え、ちょうど…

短日やリースの飾り未完成(あ)

朝、タイムカードを押したら、職員室の席に座ってその日の日課を確かめ、それから特支学級に入る。一旦入れば、美術、音楽、体育の授業以外は子どもたちの下校を見送るまでずっとクラスで過ごす。その美術、音楽、体育の授業にも付き添うから、いわゆる私に…

物忘れ増すを恨みず蜜柑むく(あ)

明後日11月7日(水)に新型iPad Proが発売される。同時に新型Apple Pencilも。今それを買うかどうか迷っている。iPadとApple Pencilの組み合わせで絵を描くようになってから、その前まで親しんできた絵筆はほとんど手にしなくなり、今は孫の遊び道具と化して…

山茶花や危ふきままに濡れそぼつ(あ)

「北窓塞ぐ」は冬の季語である。11月2日(金)の毎日新聞「余禄」(デジタル版)は、永井荷風の句「北窓を塞ぎて今日の午睡かな」(厳密には「午睡」は夏の季語だが)を引用して、北海道胆振東部地震や大阪北部地震、西日本豪雨災害で仮設住宅住まいを余儀なく…

煙突の煤のぱふりと冬隣(あ)

現在、月額400円で容量200GBのiCloudストレージを利用している。それが先月下旬、「ストレージ容量がもう少しで上限に達します」との通知があった。ついては、「写真、書類、連絡先およびメールなどのバックアップを続けるにはiCloudストレージプランをアッ…

山登り不得手な子にも薄紅葉(あ)

今日はクラスみんなでハイキングに出かけた。出かけたのは葛城山。標高452mで、山頂にロープウェイの駅がある。ここ数年、外国からの観光客が目立つようになったという。葛城山は地元の小学生も遠足で登る身近な山で、実際、クラスのメンバーのほとんどは小…

刈り残す稲田を子らの声駆ける(あ)

【写真】稲刈りを待つ田んぼ。 暦は11月に入ったが、伊豆の韮山あたりはまだ稲刈りの済んでいない田んぼが多く見られる。修善寺の方では9月で稲刈りが終わるのに、同じ伊豆でもこの辺は、総じて稲刈りが遅い。温暖差がさほどでもない両地域なのに稲刈りが2ヶ…

湯上がりの火照り鎮めて石蕗の花(あ)

職場から直接、定期検診のため三島(大場)の病院へ向かう。血圧、体重、HbA1cと、いずれも芳しくない数値が出た。特に気になるのが血圧。平常より20ポイントも高い。これまでの最高記録です。職場の健康診断で測ったときも高かった。それで何度も測定し直し…

温室の苗の気迫や冬支度(あ)

合唱コンクールを終えてからの音楽の授業では、さまざまな音楽の鑑賞をしている。 3年生の音楽は、先週はなんと歌舞伎「勧進帳」から入り、今日はオペラ、ミュージカル、バレー、オーケストラ、コンチェルト、ジャズ、などなどを一気に鑑賞しましょうという…

山法師そは甘き実を持て余し(あ)

カミさんが伊豆に来ると、朝食はご飯と味噌汁になる。それで、炊飯器には予約タイマー機能があるにもかかわらず、朝の早い私に必ずスイッチを入れてと前の晩に頼みおく。ブログを書くのに気がいって、たまにスイッチを入れるのを忘れたりすると、頼んどいた…

剥製の埃の白き秋日かな(あ)

昨日の夜、平塚から帰ったらカミさんが来ていた。孫どもは、私が土曜にいないと知って来なかった。こういう場合は、たいてい車をこれ幸いと有効活用させてもらう。 今日は三島のPC DEPOTまでパソコンのモニターを運んでもらった。前回は液晶モニター2台だっ…

鵜の群れて雨あがる山見上げたり(あ)

身近の人が亡くなって半年が経った。その間、後に独り残った奥さんを励ます意味もあって、2ヶ月に一遍の割合で平塚のお宅を訪ねることをしていた。6月、8月と来て、今日はその3回目。奥さんの手間を少しでも軽くしようと、毎回、各自料理を一品持ち寄ること…

ふるさとの訛りは誇り柿紅葉(あ)

6校時は音楽鑑賞教室。体育館で「太鼓集団 毘沙門」の演奏を聴く。和太鼓の演奏はこれまで何度か聴いたことがあるが、改めて生の大音響の迫力に圧倒された。フロアに直に座って聴くことで、尻から振動がビリビリ伝わってくる。 体育館にはあらかじめ全校生徒…

菓子作る子らの窓辺や秋日影(あ)

6校時、3年生の「SOSの出し方研修〜心の元気を守る助け合い〜」に、3年の子と一緒に参加した。市内の浮橋にあるクリニックの院長先生(ご本人は雇われ院長と自己紹介した)が、思春期の中学3年生にいろいろ心のケアの仕方をお話ししてくれた。ぼーっと生きて…

秋しんしん深まり信州そば届く(あ)

【写真】そば粉。 そば粉は今日の夕方に届いた。いよいよそば打ちに挑戦です。そば打ちを体験したこともなければ、見たこともない。頼みは、同封された説明書とYouTubeの動画のみ。確か、DVDがあったはずだが、引越しのどさくさで仕舞った場所を忘れてしまっ…

石蕗の咲きしばらくは庭明かし(あ)

美術の時間、土曜にちょん切ったアケビの蔓と、日曜にいたずら小僧二人と拾った松ぼっくりとどんぐりを先生に届けたら、たいそう喜んでくれた。ガラ袋に詰め込んだアケビの蔓は葉がついたままで、その匂いが袋の口からぷうんと青臭く漏れていた。袋をベラン…

ライスカレー外で食ひたし秋の昼(あ)

昼休み、特支学級の子たちとグランドに出てサッカーをやる。サッカーというよりボール蹴り、ですね。ボールは高床の跳ね上げ式畳の収納具から出てきた。何年前のものか判らないが、革が毛羽立ち空気が抜けてボヨンボヨンになっている。空気入れで空気を入れ…

雲ひとつなき富士見よと赤とんぼ(あ)

昨日、アケビの蔓を切った。今日はそのついでに、蔓の絡みついていたガラクタ置き場を解体することにした。そこに使用していた支柱を増設洋間の濡れ縁に立てれば、新たに物干し場ができる。孫が遊びに来たときの大量の洗濯物を干すのに困っていたカミさんの…

独り身の気軽さ重さうろこ雲(あ)

【写真】アケビの蔓とうろこ雲。 美術の時間に使うアケビの蔓をだいぶちょん切ったつもりだが、まだこんなにもじゃもじゃしている。いずれこの下にデッキをこしらえようと思っているが、そのとき、このアケビを残すか撤去するか、まだ迷ってる。 【温泉】水…

張りたての芝庭にはや柿落葉(あ)

美術の時間に担当の先生から、授業の足並みを揃えるために、前の作品を仕上げた子にクリスマスリースを作らせようと思うがどうかと訊かれ、ならば庭のアケビの蔓を使うといいと、つい口走ってしまった。また、お近くに松ぼっくりが落ちてたりしますかと言う…

鹿鳴くや男クラスのシャツの染み(あ)

【写真】鹿のフン。 今日の保健体育は1500mのタイム測定。授業の前に子どもたちとトラックをジョギングしていたら、一周200mのラインの内側に鹿のフンがあった。鹿のフンは実は昨日も見ている。昨日の保健体育でハンドボール投げを測定しているとき、球拾い…

秋澄める庭に芝植えやや広し(あ)

今日は伊豆の国市の音楽発表会。この発表会には、毎年、校内合唱コンクール3年の部で金賞を取ったクラスが参加することになっている。その発表会をFM放送で生中継するとあって、あの歌声をもう一度聴けるのかと楽しみにしていたが、放送時間がちょうど体育の…

子より受く富士冠雪の便りかな(あ)

病院で薬を処方してもらってから肩の痛みは嘘のように消えた。湿布も貼ってない。それで2週間分の薬がだいぶ余っていて、それを、あたしが飲むからちょうだいと、カミさんがこの前伊豆に来たとき何日分か持ち帰っていた。カミさんは膝に持病がある。高校時代…