読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

図書館の書架覗きをり山法師(あ)

【写真】図書館の駐輪場に咲くヤマボウシ。駐輪場にバイクを駐めようとしたらツツジの上に白い花が咲いていた。他の2箇所にも同じ花が咲いている。この時期に咲く白い花って何だろう。早速アプリ「花しらべ」で花を接写して調べたら「ハナミズキ」と出た。え…

俯ける少女の気もて紫蘭咲く(あ)

【写真】シラン(紫蘭)。大仁公民館前の広場の脇に咲いていた。散歩で中央図書館に寄った帰りに、隣接する公民館の広場を抜けて気づいた。日本の関東から沖縄、台湾、中国に自生するラン科の植物だそうな。うつむいたように咲く感じが愛らしい。雑草に混じ…

五月闇奈辺睨むや仁王像(あ)

【写真】蔵春院山門の阿形像と吽形像。蔵春院は昭和22年の火災で全焼し、昭和53年に新たに落慶をみたという。その時に仁王像二体を日本の仏師でなく中国に発注したらしい。一見古そうに見えるけれど、その歴史は浅い。しかも中国の人に頼んで相場よりも安く…

訪へる人なき庭の躑躅かな(あ)

田京駅から三島寄りの踏切の角に「長谷の杜」という看板がある。「ちょうこくのもり」と仮名がふってある。普通「ちょうこくのもり」と言えば箱根の「彫刻の森」を思い浮かべるが、「長谷の杜」は箱根のそれにあやかって付けた名称なのか、それとも「ちょう…

片蔭に歌ふリンゴの樹の下で(あ)

午前8時から地区の清掃に参加する。清掃作業に参加するのは今回が初めて。これまでは自治会費(月1,000円)だけ払って地区の催しには一切参加してこなかった。しかし、この4月からは晴れて伊豆の国市民となり、地区の催しにはぜひ参加しようと前から決めてい…

貸しボート沖汐風を連れ戻る(あ)

【写真】木負(沼津)の貸ボート店。ふと、ボート釣りはどうかと思った。思ったらじっとしていられなくなって、気がついたら木負までバイクを走らせていた。木負には貸ボート店が二軒ある。一軒は堤防の駐車場の隣にあることはこの前行って知っていたが、そ…

生前の母ほらそこの花あやめ(あ)

大仁の「力亭(ちからてい)」にラーメンを食いに行った。ずっと気になっていたラーメン屋である。気になっていたのは、店が、えっ? こんなとこに? という場所にあったから。線路沿いで、住宅地の袋小路のような場所に店は建っている。修善寺に勤務してい…

スカーフの嫗や初夏の釣具店(あ)

【写真】多比港(沼津)前の釣具店。一昨日(5/16)、木負堤防の下見をした後で多比港にも寄ってみた。そうしたら港の真ん前にこの釣具店があった。店に入ると来店を知らせるテャイムが鳴り、奥からおばあさんが出て来た。ここへ来るのは初めてだと前置きし…

夏めくやローカル線の赤幟(あ)

【写真】今度行く予定のラーメン屋。大仁駅より修善寺寄りにちょっと行った線路脇にある。修善寺に通っていた時に電車から見てずっと気になっていたラーメン屋。今日、水晶苑へ行く前にここで昼を食べようとしたのだが、入口に「準備中」の札があった。行っ…

堤防に竿しなれるや薄暑光(あ)

シロギス釣りをやろうと道具を揃え始めたらクーラーがないことに気づいた。カミさんが引越の荷物整理で捨てたに違いない。まだ十分現役で使えたのに、惜しいことをした。私が、クーラーを捨てないように言わなかったのがいけない。それで、シロギスを釣るに…

天麩羅のため再びの鱚の竿(あ)

【写真】天ぷら盛り合わせ。昨日の晩酌のおかずはキスをメインにした天ぷらの盛り合わせ。カミさんが伊豆に来るに当たって天ぷら用のキス三枚おろしを用意していた。スーパーで安く売っていたから買って来たと言う。カミさんは私が買った電気フライヤーを、…

菜園のジャングルジムを黒揚羽(あ)

昨日、小田原で孫の世話を終えて伊豆へ戻る車中、カミさんに、学童の日々雇いの話があって受けることにしたと告げた。そうしたら、果たして「あら、良かったわね」と来た。すかさず「良かねえよ、まる1ヶ月働いたって5万いくかいかないかくらいにしかならな…

ブレボー子無垢の緑雨に飛び込めり(あ)

今日は小田原で孫の世話。田京駅7:20発の上り電車に乗り三島で熱海行きに乗り換える。この熱海行きがJR東海ではこれまで乗ったことのないような豪華な電車で、ちょっと得をした気分。小田原駅で小田急線に乗り換える時、iPhoneのSuicaで改札を通ろうとしたら…

新緑や夢浮橋の道しるべ(あ)

午前10時を少し回ったところで散髪に出かける。前回の散髪が3月24日だったから約2ヶ月ぶり。散髪に行くのは大体このペース。この床屋さんを見つけたのは2年前の4月8日。以来ずっとそこで散髪してもらっている。お父さん、お母さん、息子さんの3馬力だが、こ…

トマト植う訪ふ顔を浮かべつつ(あ)

この3月で辞めた放課後児童教室から電話があった。電話があったのはバイクを走らせている最中で、修善寺のホームセンターに着いてから気づいた。たぶん夏休みの日々雇いの件だなと思って折り返し電話をしたら、果たしてそうだった。電話に出た人は、昨年シフ…

絹莢の天麩羅からり余生軽し(あ)

【写真】絹さやの天ぷらがメインの晩酌。野菜の天ぷらを揚げようと思って、トマトの苗を見に行ったついでに絹さやを一袋(150円)買って来た。ミニトマトは、この量で200円。ほうれん草の胡麻和えもあるが、こちらは、あやめ湯の帰りに寄ったスーパーの惣菜…

小満や古きメニューの定食屋(あ)

【写真】食堂「タカ」。大仁駅から徒歩2分の、旧下田街道へ出る道沿いにある。先日、田京のスーパーで買い物をしたら、入口脇に大仁の観光スポットや食事処を紹介した手作りマップが置いてあった。マップを作った人は同店の従業員の方という。面白そうなので…

木の股も真夏日や虫蠢ける(あ)

昼前にミニトマトの苗を買いに「まごころ市場」に行く。市場には大玉トマトの苗はあったが、ミニトマトの苗はなかった。昨日は萎れたのが4株残っていたが、今日はそれもなかった。売れたか生産者が引き取ったか。店の人に、「ミニトマトの苗は売り切れてしま…

朝顔を蒔くや窓辺に人恋し(あ)

引越荷物もほぼ片付いたところで、『ビッグヒストリー』(明石書店)をもう一度最初から読み返そうと思った。それで図書館へ行ったら、あいにく貸出中。今年1月に図書館に購入をお願いし、返却日までに読み切れなかった。続けて借りようとしたら予約が入って…

アイリスの花弁ゆるゆる坂上る(あ)

孫が伊豆へ来て3日目である。孫が起きてくる前になんとかブログを仕上げたいと思うが、つい寝過ごしてしまう。孫の世話で見えないところに疲労が溜まっているのかな。4時に起きられない。昨日の夜遅く伊豆へ来たカミさんは、朝食の支度をするのに、昨日の残…

一日を孫に遊ばれ菖蒲の日(あ)

今日は私一人で孫二人の面倒を見なければいけないという恐怖の日。朝6時過ぎにママが車で小田原の仕事に出かけた。本当は5時に出る予定だったが、9時に小田原に着けばいいと聞いて、では朝食を摂ってからでも間に合うだろうとママに朝食を作ってやった。その…

青嵐父娘無言の夕餉かな(あ)

夕方、6時近くに娘が孫を連れてやって来た。もともと今日の5月4日は、孫たちはママのバスケット仲間の家族と信州へ一泊キャンプに行く予定だった。それがドタキャンとなり、どうする? と子どもたちに訊いたら、孫娘が「伊豆へ行きたい」と言ったので、その…

教へ子の旅行写真や麦の秋(あ)

【写真】コンロの台と電気フライヤー。ガスホースが露わだと見た目も落ち着かないので、台でホースを隠すことにした。昨日、ホームセンターにホースを買いに行ったら、IHクッキングヒーターの台(1,980円)があって、それにヒントを得た。なるほど、台を作っ…

鋳コンロの炎ちろちろ五月来る(あ)

【写真】ガスコンロ。カミさんの許可を得て購入。これまで使っていたガスコンロは左側の火皿から火が出なくなり、グリルも前から使えなくなっていた。カミさんも、先日孫を連れて来た時、「こりゃコンロを換えなきゃダメだわ」と口にしていたこともあって購…

松が枝の上なる川や風薫る(あ)

【写真】標高60mの水晶山。水晶苑の帰りに登ってみた。期待どおりの狩野川の眺め。展望台は柱状節理の玄武岩を並べてできていた。「神武天皇遥拝所」の石碑も。中腹から見た城山と大仁の町並み。松の木々から漏れ見えるのは空、ではなく狩野川。iPhoneを下に…

天空を右に左にハンモック

午前9時半に孫を連れて湯ヶ島まで水を汲みに行く。途中、孫娘がトイレに行きたいと言い出したので、いちばん近いコンビニに立ち寄る。そうしたら、そのコンビニの隣で朝市をやっていて、そういうのが大好きなカミさんは「あたしはここで野菜を見ているから、…

孫と掘る筍飯を孫と食む

孫が伊豆へやって来た。前回来たのが2週間前。一年とか半年とかだったら、おおよく来たなあと喜びもしようが、2週間くらいの間隔だと、正直言ってまたかよという気になる。これが来月6日にまた来るというのだから、やれやれである。私は伊豆で孫の到着を待つ…

春尽きて伊豆の山みな近くなる

午前は、病院の定期検診。血圧は正常、体重は前回より約1kg減った。やはり、おやつを食べなくなった分が減じたということだろう。HbA1cは前回測ったデータを確認しただけで、今回は測定しなかった。基準値をややオーバーしているものの数値は安定していて、C…

行く春や鏡に残す背中傷

【写真】旧紙幣と旧硬貨。引越荷物を整理していたら、やっと出てきました。旧紙幣だけだと思っていたら、穴の空いてない50円玉と5円玉も混ざっていた。あと、東京オリンピック(昭和39年)と沖縄返還(昭和47年)の記念硬貨も。中学生の頃まで記念切手に凝っ…

引越の荷の片付きて朝寝かな

今日は引越に使ったダンボールをごみ収集所へ出した。50箱分はあっただろうか。これをバイクで6往復して運んだ。それでごみ収集所の金網小屋は私の出したダンボールだけで粗方いっぱいになってしまった。まだ衣類のダンボールが残っているが、衣類の整理はカ…

春風や湯上がり嫗背を伸ばし

【大仁・水晶苑】13:46〜14:43(1→2人)伊豆の国市民になったら、まず行ってみたいと思っていたのが、ここ。60歳以上の市民なら150円で温泉入浴ができる。場所は一二三荘横の踏切を渡って左折し、100mほど奥へ入ったところにある。単に温泉に浸かるだけなら…

我睨み恋の仇か猫の妻

ダンボールと衣装ケースに入った洋服をタンスに仕舞おうと思った。これが済めば引越荷物の整理は完了する。洋服を仕舞うに当たっては、まずはタンスに蝶番を取り付けなくてはいけない。蝶番は観音開きの扉に計6個取り付けられてあったのが、藤沢での家具搬出…

仕舞ひきれぬ思ひ出躑躅花車

引越の荷物整理は2階和室のダンボールがほぼ片付いた。あとは洋服と和服をタンスに整頓すれば引越の荷物整理は完了となる。和服というのは亡父が着ていたもので、年を取ったらいつか着る日が来るだろうかと、青森の実家を解体する時に南部鉄瓶とともに譲り受…

春愁や思ひ出の品それもこれも

引越荷物を整理していたら、今日はこんなのが出てきた。5インチのフロッピーディスクと夏目漱石の千円札である。現在の千円札に描かれているのは野口英世だが、その前は夏目漱石だった(昭和59年〜平成19年)。図柄がほとんど同じだから最初は旧札だと気づか…

雉鳴いて川二筋に分かれけり

午後、引越の荷物整理に倦んで散歩に出た。乳白色の雲が空を覆い、あいにく富士山は見えなかったが、暑くもなく寒くもなく、川風が爽やかで心地よかった。家から坂を下って伊豆箱根鉄道の踏切を渡り、下田街道を横切って狩野川土手に出る。そこから土手を下…

五年後も二十年後も八重桜

今日木曜はプラごみの日。引越の荷物整理で出たプラごみをまとめたら30L袋で4袋になった。未整理の箱がまだ5箱ほどあるから、同量のプラごみがこれからも出る予定。プラごみを捨ててそのまま伊豆長岡の銀行へ向かう。今回カミさんが伊豆へ来た二つ目の理由は…

春塵に押されいで湯の警察署

2階で引越荷物の整理をしていたら、1階のラジカセの音がプツンと止んだ。荷物整理はラジカセでNHK・FMを聴きながらやっている。音が2階まで十分届くようにボリュームを高めにして聴いている。番組は「歌謡スクランブル」の時間だったから午後1時を過ぎたとこ…

春雷は狩野川取水口開けず

倍に増えた鍋類をどこに仕舞おうかと考えて、コンロの上に棚を作ることを思いついた。ついでに長男が使っていた調理器具を棚にぶら下げた。棚の板はラワン材で、前のオーナーが戸棚にしていたのを解体してキッチンカウンターの便利棚として使っていた。藤沢…

妻若き写真はらりと八重桜

引越のダンボールの中身は今日で全部目を通した。荷物を整理するのにあと一ヶ月はかかると読んでいたが、ざっと見て、今週末までに整理ができそうな気がしてきた。まず車庫の薪を全部撤去し、台所と8畳洋室とに挟まれた隙間に積み直す。既にここには洋室の明…

子ら遊び来てふうわりと八重桜

孫を連れて沼津・内浦漁港の朝市に出かける。今日の日曜は港で朝市をやっているからちょっと覗いてみるかとカミさんに言い孫にも言う。下の孫娘が「おもちゃ、売ってる?」と訊くから、「おもちゃは売ってない、お菓子も売ってない、売ってるのはお魚とか野…

花筵孫に気兼ねの言葉尻

昨日(4/14)の夜、孫が伊豆にやって来た。孫が伊豆に来るのは去年8月の狩野川花火大会以来だから8ヶ月ぶりになる。カミさんは横須賀から小田原まで孫を迎えに行き、夜の箱根を越えてやって来た。私も小田原まで迎えに行くつもりでいたが、腰の痛みが退かず歩…

思ひ出の濃き一葉や春の昼

【写真】テレビに出た習字作品。 引越荷物を整理していたら、なんとも懐かしいものが出てきた。私が小学校3年生の時に学校で書いた習字である。 大きさはハガキの長辺を1cmほど切った大きさで、グレーの背景に白で私の名前が横に添えられてある。何気なく指…

返照を枝垂れ桜の流れ落つ

【写真】大仁・龍源院の枝垂れ桜。この枝垂れ桜は樹齢が約80年だそうだ。見た感じは100年以上経っていそうだが、昭和生まれだったとはちょっと意外です。大きく開く傘のような枝ぶりと、滝のようなしだれ具合が見事で、カメラマンにも人気なのだとか。あやめ…

引越の荷の山のまま四月半

腰を痛めてから今日で4日目。昨日に比べて少し痛みが退いた。敷布団を押入れに仕舞えるくらいになった。そうなると修繕魂がまたムラムラと沸き起こって、まだ腰がシャキッと伸び切らないというのに、2階洋服タンス脇のスペースの上に、別の洋服タンスのパー…

箒手に挨拶の声新社員

今日は朝からずっと雨が降り続いた。 腰の痛みは依然として退かず、それでも引越の後片付けをなんとかしなければという思いもあって、ダンボールを一箱ずつ開けて中身を確かめて行く。 ダンボール箱は私が梱包したのはほんのわずかで、ほとんどはカミさんが…

花冷えや水槽の稚魚名はなんと

腰の痛みが退かない。どうもこうも痛くてたまらない。朝は敷いた布団を押入れにしまえず、カミさんにしまってもらった。カミさんは「お医者さんに行ったら?」と言うが、しばらくすれば自然と痛みが引いてくることは分かっているし、歩けないほど重症ではな…

桜満ち溢れ乙女ら声溢れ

カミさんが昨日、伊豆にやって来た。もともと今週土曜は伊豆へ来るようなことを言っていたのだが、週の半ばに兄から母(94歳)が風邪で入院したとの知らせがあり、(母は高齢だし)もしものことを考えて伊豆へ行くのを取りやめることにしたという連絡を受けて…

雨含み枝垂れ桜のより低く

腰を痛めてしまった。一昨日、車庫にメタルラックで棚を作り、比較的重い荷物を運んだり、薪を積み直したりしていて痛めたらしい。一昨日、昨日と痛みは全く感じなかったが、今日になって痛み出した。これからしばらく引越荷物の整理に当たらなければいけな…

春風や自転車似合ふ街そよぐ

伊豆から茅ヶ崎の歯医者へ向かう。これまで茅ヶ崎の歯医者の予約は大抵月末の金曜に入れていた。平塚「海楽人」での月例呑み会が月末金曜だから、それに合わせてそうしている。そして、呑んだ後は藤沢のマンションに帰っていた。しかし、先月末は引越しでば…

先端の空を見つけて花木通

【あやめ湯】17:50〜18:37(5→3人)風呂場に下りたら米朝氏が湯舟の縁に腰掛けていた。洗い場には背中向きでスキンヘッド氏と元饅頭氏の姿がある。風呂場にこんばんはの挨拶をしたら米朝氏が「仕事、首になったら」と言う。私が4月から無職になることは先月の…