いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

かさぶたも曲がりも愛し秋茄子(あ)

今日の練習試合で、懐かしい顔と再会した。 3年前、学童で世話をした子たちである。当時は小学4年だった彼らも今や立派な中学生(中学1年)。こんな形で再び顔をあわせるとは思いもしなかった。 卓球は、ユニホームの背に名前を書いたゼッケンを着けるが、その…

裏垣根我が物顔の秋の蔓(あ)

今日は体育の部の総合練習(開会式から閉会式までの全体の流れを確認する)があった。 1校時と5校時が授業で、2〜4校時に総合練習が入り、6校時に総合練習の時間内に確認しきれなかった種目の流れを確認するという変則日課。 そんな中で私は5校時に授業が入っ…

古道具吊られ誇らか鮎の宿(あ)

台風15号は、ことに千葉県房総を中心に大きな被害をもたらし、台風が通り過ぎて4日が経った今もなお、停電による生活の不自由を強いられている地域がある。 伊豆でも河津川のかっぱ橋が流されるなどの被害はあったが、市民生活に影響を与えるほどの災害には…

かけつこの子の水筒や秋暑し(あ)

大場の病院で定期検診。 本当は先週の水曜に病院に行きたかったが、日直当番だったために今週に延ばした。そのため飲む薬を2日分切らしていた。 水曜は掃除がなく部活もない。だから放課後は比較的個別な時間に充てられると思いきや、さにあらず。掃除監督や…

合歓の花ひと刷けくれて遅咲けり(あ)

津軽の地方紙「陸奥新報」のコラム「冬夏言」で津軽弁のことに触れていた。 「『サントグ持った?』『ケリね!』昔は当たり前に使っていた津軽弁も、最近では全く使わなくなった。津軽弁の薄れは子ども世代以外でも気付かぬうちに徐々にしかし確実に広がって…

台風一過舞ひ来たる湯屋優待券(あ)

台風一過の家も庭も、これといった損傷はなかった。河津のめがね橋がすっぽり流されたことをニュースで知り、改めて今回の台風15号の影響が我が家に及ばなかったことにホッと胸をなでおろした。屋根瓦が一枚も飛ばず、庭木も傾かず、一箇所の雨漏りもなかっ…

アイロンをかけ台風の来るなら来い(あ)

【今日の一枚】テレビの台風情報。 非常に強い台風15号が伊豆を直撃するというので身構えた。果たして庭に作った物置小屋が強風に耐えられるか。それがいちばん心配だった。 トラロープで土台を柿の木にくくりつけ、それで吹き飛ばされるのを防いだつもりで…

葛の花忍ぶる恋の峠道(あ)

土曜日の部活動に顔を出す。 委嘱コーチがお見えになっていて、正顧問から紹介してもらった。卓球のラケット販売ショップを経営されている方だとか。これから私が使うラケットもその方にお願いしてあるそうだ。 この前正顧問には初心者用のでいいと伝えてお…

卓球のスマッシュの声天高し(あ)

今週最後の授業を終えて、やっと一息つくことができた。 この一週間は、ともかく長かった。ふ〜、これでやっと休める。 校長先生も、「ご苦労さん、今週は長かったでしょう。ゆっくり休んでください」とねぎらいのことばをかけてくれた。ありがとうございま…

夏草の勢ひとどめ萬寿菊(あ)

今日の出勤のタイムカードの時刻は7:59。ぎりぎりセーフ。 朝の職員室には教頭先生だけが残っていて、あとは全員グランドに出ていた。グランドでは体育の部の朝練習が行われていた。 今日の授業は5/6。6校時のうち空き時間が1時間しかないというハードワーク…

とりどりの玉入れの玉秋高し(あ)

目の周りに寝足りなさを溜めたまま出勤する。明らかにオーバーワーク気味だ。 出勤したら、机の上に玩具の幟旗が立っていた。隣の先生に訊いたら、日直当番だと言う。そして、日直に当たった人は、子どもたちが下校し終えた頃合いを見計らって校舎内を巡回し…

若人のけふの力を日日草(あ)

臨任2日目で、早くも音をあげている。 今日は夏休み明け課題テストがあり、5時間のうち3時間の試験監督があてがわれた。 国語のテストは1時間目だったが、今日中に終わらせようと思っていた採点が、4クラスのうち半分の2クラス分しか終わっていない。空き時…

試飲の瓶置き去りのまま厄日かな(あ)

今日は臨任講師の初仕事。今日の授業は1クラスだけだったが、自己紹介で50分を費やしてしまった。いかん、乗せられた。 【今日の一枚】無料サンプル品。 先週の月曜(8/26)、校長先生に呼ばれて職場へ出かけようとしていたところへ、ここの会社から電話が入っ…

吊るし雲の富士二百十日かな(あ)

【今日の一枚】防災訓練の一コマ。 今日は防災の日。我が住む地区でも朝8時半にサイレンが鳴り、防災訓練が始まった。 サイレン吹鳴直後は各自が自宅で初期活動にあたり、9時に定められた一時避難場所に集合する。 自宅の初期活動といっても特に何をするので…

油蟬余すことなく鳴き尽くす(あ)

【今日の一枚】アブラゼミ(油蟬)。 窓際のカウンターで本を読んでいたら、法螺貝を入れてぶら下げておいたスカリ(釣った魚を入れて水中に沈めておく網袋)にアブラゼミが飛びついて、いきなり鳴き出した。耳をつんざくような鳴き声は、わざわざ読書の邪魔…

八月のコロッケパンの孫の味(あ)

月曜から遊びに来ていた孫が昨日帰って行き、ようやく静けさが戻ってきた。が、来週から始まる臨任勤務という新たなステージの始まりを思うと気が重い。 こんなはずではなかった。退職後は、少しの小遣い稼ぎをしながら、好きなときに好きなことをして過ごそ…

描かれぬ夏の思ひ出もたくさん(あ)

昨日の夕方、大学から電話があった。頼んだ書類ができあがったという。 8/26(月)に校長先生から正式な臨任の話があり、8/27(火)は孫どもの鮎つかみに付き合い、8/28(水)にお二方の先生の授業を見学させてもらい、8/29(木)に大学までできあがった書類を取りに…

孫の見てをり一刀の西瓜かな(あ)

中学校で教えるのが初めてだったら、どんな様子か見ておいた方がいいでしょうと校長先生が言ってくれて、今日は、1年と3年のお二方の授業を見学させてもらった。 お二人とも教え方がとても丁寧で上手。ツボもきちんと押さえていらっしゃる。中学校では、これ…

下駄履いて孫青芝を側転す(あ)

9月から今の中学校で臨任をすることになった。ついては、「大学卒業証明書」が必要という。これまで、そんなのを提出した記憶がないんだけど。 それで昨日、卒業大学に問い合わせたら、事務手続きに3日かかると言われる。受付に行けば、すぐその場で発行して…

土手草のそよぎそよいで秋の雲(あ)

今日は2学期の始業式。 なのだが、実は先週の金曜(8/23)に、思いもよらぬ話が舞い込んだ。 校長先生から電話があり、今勤めている中学校の臨時的任用教員(臨任)をやってくれないか、というのである。 いやいや、その前に県教委から突然、高校の書道の非常勤…

試食して西瓜しやきりと食ひ納め(あ)

【今日の一枚】まごころ市場のスイカ。 明日(8/26)の夕方に来る孫たちにスイカを食べさせたいから買っといてとカミさんからメッセージが入った。よし来たと、朝いちばんでまごころ市場にカブを走らせ、冷蔵庫に入りそうな小ぶりなのを買う。 私が市場に着い…

迎へ撃つ鉄砲百合に孫の影(あ)

【今日の一枚】テッポウユリ(鉄砲百合)。 庭に咲くのはタカサゴユリ(高砂百合)だとばかり思っていたら、これはテッポウユリですね。 どこで見分けるかというと、横に赤紫の縞模様が見えるのがタカサゴユリで、縞模様がなくて真っ白なのがテッポウユリとい…

焼酎をなみなみとつぐ吉事あり(あ)

【今日の一枚】今日の晩酌。 晩酌の氷は板氷を使う。砕く手間があるけど溶けにくい。 家にはアイスピックなどという洒落たものはないから、板氷を砕くのに日曜大工用ノミとゴムハンマーを使う。まとめて砕かないで、晩酌のコップに入れる分量だけ、その都度…

一杯の水に床出づ熱帯夜(あ)

【今日の一枚】パラリンピックのチケット申し込み完了。 修善寺の伊豆ベロドロームで開催される東京2020パラリンピック自転車競技のチケットの申し込みが今日から始まった。ずっとこの日を待っていた。 チケット購入には、まずID登録をしなければならない。…

夏休み果ついたずらの子も先生も(あ)

【今日の一枚】バイクボックスに貼られたシール。 水晶苑に行くのに、メットをボックスから取ろうとしたら、後ろにシールが貼られているのに気づいた。やったのは、昨日のいたずら小僧二人組に決まっている。 こんなシール、一体どこから手に入れたんだろう…

Wi-Fiの店二杯目のアイスコーヒー(あ)

【今日の一枚】茅ヶ崎のスタバで一息。 スタバはWi-Fiが使えるので、持参のiPadで「たて書きコラム」に接続することができる。茅ヶ崎の歯医者に出かけたときは、たいていここでコラムを読みながら一服する。 【書】「成」セイ・ジョウ・なる・なす(No.219)…

駅降りる人や片蔭奪ひ合ふ(あ)

伊豆から茅ヶ崎の歯医者に行く。 予約は午後3時に入れてあった。午後3時に間に合うためには伊豆の家を12時過ぎに出なければいけない。治療を終えて伊豆まで帰るのに、また同じ時間がかかる。往復6時間。交通費も往復で3,000円。 たかが歯医者へ行くために、…

キャンプといふ非日常のパンを焼く(あ)

【今日の一枚】ホットサンドメーカー。 今回伊豆に遊びに来てくれた呑兵衛ランナーたちに朝飯を作るべえと、呑兵衛ランナーが狩野川の土手を走っているうちに買った。 店は狩野川沿いにあるホームセンターで、昭和33年の狩野川台風で根こそぎ流された中学校…

舌まろく土産焼酎回し呑む(あ)

【今日の一枚】宴たけなわの囲炉裏。 毎年8月に伊豆の私の家に一泊し、山道を走ろうという話が持ち上がったのは5年前。もちろん私は走らずに、走るのは横浜の呑兵衛ランナーとその仲間たち。その仲間たちは呑兵衛ランナーの元同僚で、三浦マラソンを一緒に走…

朝顔の色とりどりに風を吸ふ(あ)

【今日の一枚】濡れ縁の朝顔。 わんさか花開くはずの朝顔が、今頃になってようやくポツリポツリ咲き出した。 実はこの朝顔、季語でいうと「秋」になる。秋といっても「初秋」。だから、この朝顔は、ちゃんと咲く時期を知って咲いているのですね。 朝顔は、夜…