いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

めいめいの向きを定めて瓜の花(あ)

音楽の授業で合唱の練習が始まった。我が学級の子たちはそれぞれ親クラスの音楽の授業に出向き、合唱コンクールに向けて練習を積む。私はその子たちに同伴する。 我が学級の子たちは4人いるから、私はその子たちと一緒に合唱曲を4曲練習できる。 今日のクラ…

充実の余生ありあり日日草(あ)

昨日(7/12)の陸奥新報コラム「冬夏言」を読んで考えさせられた。 コラムは、熊本県を流れる球磨川が記録的な豪雨で氾濫し、多くの住民が犠牲者となったことに触れ、かつて国土交通省がこの川にダム建設を計画したものの、関係自治体の猛反対を食らい計画が止…

毒蛇も身を干すとかや梅雨晴れ間(あ)

今年度地区清掃の2回目。 1回目は集合時間を間違えて、のこのこ8時に行って顰蹙を買った。それで今回は区長から7時集合と念を押され、朝食をホットサンドで済ませて公民館へ急ぐ。 7時少し前に公民館へ行ったら、すでに区長と副区長が来ていて、清掃道具の準…

蔵たたぬまま五十年こがね虫(あ)

【今日の一枚】コガネムシ(黄金虫)。 庭のブルーベリーの葉にしがみついていた。 「コガネムシ」で思い出すのは、野口雨情の♪黄金虫は金持ちだ〜♪ではなく、五木寛之の『こがね虫たちの夜』の「こがね虫は、虫だ、金倉たてた、虫だ、なぜ虫だ、やっぱり、…

ミニトマト傷ざつくりと雨の中(あ)

今日は主要5科目の中間テストの日。本来なら第一学期の期末テストの時期だが、コロナで4月〜5月が臨時休校になったため、ここで中間テストをやり、期末テストを9月下旬に持っていくことにした。 我が学級は中間テストは実施しない。実施するのは期末テストだ…

山霧の消えてかなかな朝ぼらけ(あ)

カナカナカナカナ。 ヒグラシ(蜩)が鳴き始めた。哀愁を誘う声である。 「かなかなと鳴きまた人を悲します 倉田紘文」 この蜩、歳時記では「秋」の季語になる。夕暮れに鳴くから「ヒグラシ」の名がついたというが、私がもっぱら聞くのは明け方。 午前4時半ご…

新顔の納豆売りや梅雨明くる(あ)

田中宇氏のメルマガの記事(7/8付)を読んで考えさせられた。 徳島大学の大橋眞・名誉教授は、新型コロナウイルスをめぐるおかしな点を日本で最も大胆に指摘・公言している免疫生物学の専門家だと紹介する。この方は「世界が新型コロナウイルスを特定してい…