いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

碁敵の膝小刻みに冬の雨(あ)

【写真】ドーサ水。

f:id:jijiro:20171119063311j:plain

これから描こうとしている雪景色の絵に「ドーサ使用」というカッコ書きがあり、ドーサって何だろうと思っていた。もちろん、初めて聞く名である。
手本の雪景色の絵は、降る雪片がたくさん描かれており、この雪片を描くのにドーサってやつを使うのかなと想像した。で、ネットで調べた。
礬水液(どうさえき)は、日本画の支持体として用いられる和紙や絵絹、板などのにじみ止めに使用される膠水(にかわすい)と明礬(みょうばん)の混合液です。また、箔を押した上に礬水液を引くことで絵具の定着を良くし、銀箔、銀泥の酸化による変色を防ぐ時にも使用します」<http://zokeifile.musabi.ac.jp
なるほど、そういう使い方をするのか。するとやはり、雪片はドーサを使って描いているのだな。いちいち雪片を塗り残していたらたまらないものね。
いずれ使うものなら今のうちに用意しておこうと、先日、水晶苑の湯へ行ったついでに、その途中にある老舗の本屋へ立ち寄った。ここは本屋とはいうものの、現在はフロアの半分を文房具売り場に改装していて、ちょっとした画材も置いている。以前、私はここで水彩画用のハガキを買ったことがある。
「ドーサ液を置いてますか?」とレジの人に訊いてみた。「和紙とかに塗る液のことですか?」とレジの人。知ったかぶって「そうです」と答えたら、「うちでは扱っておりません」と言われた。やっぱりね、ならばしょうがない、今度平塚の囲碁&呑み会へ出かけた時に買うとするか。
ということで今日、囲碁&呑み会の前に平塚競輪場近くにあるホームセンターに寄って「礬水」を買った。ここのホームセンターは画材の品揃えが豊富で、ここならきっと「礬水」があるに違いないと見当をつけて行ったら、果たして、画材コーナーの棚にいろんな種類の容器が並べられてあった。
あったはいいが、種類が多すぎて、どれが目当ての「礬水」かが判らない。手頃な価格のを手にとってレジに行き、「これは、ドーサ液のことでしょうか」と訊いてみた。そうしたら「詳しい者を呼びますので少々お待ちください」と言い、胸のピンマイクで詳しい者を呼ぶ。ところが、呼ばれて駆けつけた人は、これまた「詳しい者を呼んでくるので少々お待ちください」と言って奥へ走り去って行った。
しばらく待ってようやく詳しい者がやって来て、私の差し出した容器のラベルをためつすがめつした後で、またしても少々お待ちくださいと言い残して、画材コーナーの方向へ姿を消した。ほどなくして新たな容器を手にして戻って来て、これがドーサ水です、と言って私に見せる。それが写真のボトル。私がこれを棚で見つけた時、こんなに量は要らないとパスしたものだった。
私がレジに差し出したのは岩絵具に混ぜて使う時のものらしく、用途が別のものだった。ドーサ水がこれしかないのなら仕方がない、値段は1,418円とややお高めだったが、これを買うことにした。
急ぎ平塚駅へ戻り、そこからバスに乗る。が、ホームセンターのレジでもたついた挙句、乗るバスまで間違えて遠回りする失態。そんなこんなで、平塚住人宅での呑兵衛囲碁リーグ戦開始を20分近くも遅らせてしまいました。ごめんなさい。
二段で臨んだ今日のリーグ戦は1勝2敗で負け越し、次回は一つ段が下がって初段として対局することになった。実際の棋力は、それでもまだ高い位のような気がするが。

水墨画】旧鎌倉街道(No.95)。

f:id:jijiro:20171119142250j:plain

手本では、「別な和紙に中墨を適当に塗り、一度不要な別紙に押しつけ、墨量を加減し、再び描いた本紙に押しつけ、版画のような風合いを出している」との説明であるが、具体的にどうするのかよく判らない。だから、今までどおりの描き方で描く。

【温泉】帰りが遅くなり行かず。

【タイムラプス】11月17日(金)6:31〜8:50の伊豆長岡の空。34秒。

【歩数】7,376歩。

夢走る初冬を世界アスリート(あ)

午後、我が学級6名は第一学年の子たちと一緒に「オリパラ学習」のために貸切バスで伊豆べロドロームに向かう。
「オリパラ学習」のオリパラとは、オリンピック・パラリンピックの略称で、今日から始まった「ジャパンパラサイクリングカップ2017」の応援を兼ねて、世界各国から集まった出場選手と英語で交流するという学習である。
これより前の今月初めに、子どもたちは今年の世界選手権で金メダルを獲った野口桂子さんの講演を聴き、パラサイクリングに使ういろいろな自転車に実際に乗ってみるという体験をしてきている。その後も各国選手との交流グループごとに応援メッセージを模造紙で作ったり、自分を英語でアピールする練習を重ねてきた。我が学級は応援メッセージの作成には加わらなかったが、名前を大きく書いた名札を作り、ALTの指導を受けて、「My name is ……」「I like ……」と声に出して自己紹介の練習をして今日を迎えた。
「ジャパンパラサイクリングカップ2017」の競技は実際には明日18日(土)からで、今日は公式練習日。それでパラサイクリング連盟が、今日の公式練習の合間を縫って生徒と各国選手とが交流できるよう取り計らってくれたというわけです。
ベロドロームに入った途端、ものすごい熱気が伝わってきた。練習とはいえ、ピリピリした緊張感をヒシと感じる。そして、目の前を通り過ぎるスピードの速さに圧倒された。速い。ともかく速い。片脚の選手、片腕の選手が急傾斜のバンクを事もなく走り抜けるのを目の当たりにして、すげえ、という言葉しか出てこない。さすが、世界のトップレベルの走りは半端ではない。
子どもたちも同じようなことを感じていたに違いない。学習実施計画書には「自らの夢に向けて何事にも挑戦する意欲を高めるとともに、失敗してもあきらめない強い意志を感じ取ろう」と活動のねらいが述べられる。様々なハンデを抱えながら、夢を追い求め、決してあきらめない気持ちは、真っ直ぐに子どもたちに伝わったと思う。
交流会が始まるのを通路で待っていると、野口選手が突然目の前に現れた。「先生はどちらですか?」と言いながら私に近づいて来た時はドギマギした。私は単なる支援員で本物の先生はこちらですと担任の先生の方へ振って私は後ろへ退く。生徒の横に突っ立っていれば誰でも先生に見えるんだろうなと思いながら成り行きを見ていると、野口選手はポケットからリボンがしわくちゃになった金メダルを取り出して子どもたちに見せてくれた。続いて同じ選手権の別の種目で獲った銅メダルも見せてくれた。思わぬサプライズに子どもたちは大興奮。私も胸が高鳴った。
私は先の野口選手の講演を、ちょうど学級活動の支援をしていて聴いていなかったから、その時はその人が野口選手だと判らなかった。後でもらったパンフレットの選手紹介の顔写真で、メダルを見せてくれた人が野口選手ご本人だったと知った。
交流会は公式練習のピリピリした感じとは打って変わって和やかなムードの中で行われた。各クラスで班を6班作り、それぞれの班が日本、チェコ、アメリカ、ドイツ、ポーランド、韓国の各チームのブースに行って英語でやり取りをする(もちろん日本チームとは日本語で)。それを前後半に分けて別々のチームに行くように組む。我が学級は韓国とポーランドの選手と交流した。子どもたちはしどろもどろしながらも世界の一流選手と交流できたこと嬉しく感じていたようだ。
最後にみんな揃っての記念撮影。大事な大会中にもかかわらず、こんな貴重な機会を与えてくださった関係者の皆さんに感謝申し上げます。

【写真】伊豆べロドローム

f:id:jijiro:20171118105240j:plain

f:id:jijiro:20171118105321j:plain

f:id:jijiro:20171118105458j:plain

f:id:jijiro:20171118105352j:plain


水墨画】お休み。

【温泉】あやめ湯。

【タイムラプス】11月17日(金)5:54〜7:58の伊豆長岡の空。30秒。

【歩数】6,606歩。

裸木となりて青空青広む(あ)

【写真】教室ベランダから見る富士山側の景色。

f:id:jijiro:20171116131055j:plain

昼休みに撮った。1校時の畑作業を終えて教室に戻る時に見えていた富士山も、給食時間になる頃には雲に覆われて見えなくなった。それでなくてもこの角度からは手前の木の枝が邪魔をして富士山がよく見えない。

手前の木は桜。この間まで色づいた葉が視界を遮っていて、その葉がすべて落ちて裸木になったら富士山がきれいに見えるかと期待していたのだったが、裸木になってもここからだとやっぱりよく見えない。

ここの中学校では体育の時間の前にストレッチ体操を行う。リーダーの「いちにさんし、ににさんし」のかけ声に合わせて左右手足の筋を伸ばす。そこへおもむろに体育の先生が現れ、ストレッチの左右の順番を間違える生徒がいると、「富士山側が先、と言ってるべ」と注意されるのである。

左側とか右側と言う代わりに「富士山側」と言う。

体育館での集会の時も、「ステージに向かって左側」とは言わず、やはり「富士山側」と言う言い方をする。いつも富士山を間近に眺められる学校だからこその謂である。

朝起きて、家で最初に見る景色は富士山。職場に着いて最初に見る景色も富士山。こうして四六時中富士山を見ていられるとはなんて幸せなんだろう。

何度も言うが、伊豆を終の住処と決めて本当によかったと、しみじみ思う毎日である。


水墨画鵜戸神宮(No.94)

f:id:jijiro:20171117173720j:plain

宮崎県日南市にある鵜戸神宮。鳥居の後ろの暗がりは草むらの茂みかと思い、そのつもりで描いたが、描いた後でちょっと気になってネットで確認したら、実はそれは洞窟の暗がりだった。だから背後に迫る断崖も断崖に見えないわけだ。洞窟の上が断崖になっているんだという頭で描いていないから当然そうなる。

ただ、手前の橋の擬宝珠(ぎぼし)を描いて、新しく使い出した画仙紙の滲みの特徴を感じたのは収穫。今回の画仙紙はこれまで使ってきた画仙紙よりもだいぶ滲む。それがどんな具合に滲むのかがよく判った。次回はそこをしっかり頭に入れて描くとしよう。


【温泉】あやめ湯。

行ったら米朝氏がちょうど湯から上がったところだった。

「もう上がりですか、お早いですね」と挨拶したら、「(来るのが)遅いよ。職場の若い子と浮気でもしてただか。職場には若い子がようけ(たくさん)いるら」と返される。

そこで気の利いた一言でも言えれば米朝氏との掛け合い漫才が成立するのだが、言えずに「ではお休みなさい」と風呂場へ降りる私。ダメですねえ、まだまだ人生の修行が足りません。


【タイムラプス】11月16日(木)6:03〜7:58の伊豆長岡の空。28秒。

https://www.facebook.com/aisakajiro/videos/10214757978285247/

【歩数】4,064歩。

珈琲の鉢の窓辺も小六月(あ)

今日は午後から先生方の研修で授業は午前で終了。
この日を狙って前回定休日で入れなかった「御前の湯」へ行く。ところが、行ったら玄関のガラス戸に「当分の間 休業」の張り紙が……。なんてこった、ついてねえ。

f:id:jijiro:20171116102833j:plain

理由は「ポンプ修理のため」と書かれてあったが、「当分の間」というくらいだから、相当時間のかかる修理なんだろうな。再開の目処が立たないくらいの深刻な故障なのかもしれない。
せっかく見つけた秘湯なのに、浸かるのはしばらくお預けになりそうです。くれぐれも、これを機に湯屋を畳んでしまうなんてことはしないでくださいね。どうか私が浸かるまで残しておいてください。

f:id:jijiro:20171116102917j:plain

この左の茂みの奥に玄関がある。右の小川の上流が鮎養殖場。まっすぐ奥の白い建物は湯治客の宿泊施設か。

【写真】室内に入れたコーヒーの苗。

f:id:jijiro:20171115144659j:plain

これまで外の濡れ縁に出していた鉢植えコーヒーの苗を室内に入れた。ついでに鉢を一回り大きいのに変え、観葉植物用の土を埋め足した。思い切って水差しも買った。水差しはペットボトルでいいかとも思ったが、室内だからちょっとおしゃれな真似をしてみたかった。でもこれ、きっと孫のおもちゃにされるんだろうな。

水墨画狛犬(No.93)

f:id:jijiro:20171116103049j:plain

今回から新しい画仙紙を使用。これまでのよりだいぶ厚口。滲み具合は「よくにじむ」「にじむ」「あまりにじまない」の三段階の真ん中。描いた感じでは、程よい滲みで描きやすかった。

【温泉】水晶苑。
久々の水晶苑。「御前の湯」の無念を引きずりながら、一旦家に戻ってこっちへ出直す。
受付のスタッフは受付を空にしてフロアで掃除機をかけていた。「お願いします」とそっちへ声をかけると「久しぶりね」と言って掃除機を止めて受付に戻ってきた。
久しぶりね、か。柔らかい言葉だな。水晶苑には、そんな柔らかい雰囲気があって、行くと心がほんわかします。
「11月から仕事が終わるのが午後3時過ぎになって、なかなか来れなくなっちゃいまして。今日はたまたま仕事が午前で上がりだったので来れたけど」
「あら、良かったじゃない。仕事ができるのがいちばんよ」
以前、この人の撮影した写真集を見せてもらったことがあるが、どれもこれもプロ顔負けの写真ばかりで驚いた。訊くと余暇を利用して全国あちこちに写真を撮りに出かけるのだそうで、個人で写真展を開いたりもしているという。
こうして働きながら趣味のカメラを楽しんでいるスタッフさん。しかもプロ並みの腕前。年齢は私と同じくらいか少し上か。
私の絵も、好きこそ物の上手なれ、と上達してくれるといいのだが、こればかりはなかなか思うようにはいきません。

【タイムラプス】11月15日(水)5:52〜7:42の伊豆長岡の空。27秒。

【歩数】3,436歩。

啄まれ熟柿とろりと垂れ下がる(あ)

【写真】熟柿をついばむメジロ

f:id:jijiro:20171115074927j:plain

メジロが熟柿をついばむ瞬間を撮ることができた。
撮ったのはこの前の日曜の夕方。昼にシジュウカラが来ていて、それを撮ろうとしたらシジュウカラより図体のでかいヒヨドリがやって来てシジュウカラを追い散らしやがった。せっかくのシャッターチャンスを逃したと思ったら夕方になってメジロが数羽やって来た(シジュウカラメジロは時間帯によって棲み分けているのだろうか)。前回と同じメジロの写真だが、熟柿に嘴を突っ込んでいる瞬間が撮れたのでアップすることにした。
収穫しないでいるうちに、柿がどんどん熟して鳥の餌になっている。その柿をついばみにいろんな鳥がやって来るので、今年はこのまま収穫しないで野鳥観察を楽しむのもいいかなと、だんだんそんな気になってきた。干し柿を作る暇がないということもあるが。

水墨画】雪景(No.92)

f:id:jijiro:20171115075012j:plain

手本には「麻紙使用」とあるが、一種類の安い画仙紙しか持ち合わせていないので、それを使用した。だから滲み具合がどうなのか比較できない。麻紙に手を出すのはもう少し腕を磨いてからでも遅くないでしょう。

【温泉】あやめ湯。
後からマイ桶氏が風呂場に下りて来て、湯船の縁に座っていた私に「立花で猪が出たってよ、100kgくらいの猪だって」と言う。「(仕事で)立花から帰る途中に警官が立ってたんで、何かあったんですか? と訊いたら猪が出たと教えてくれただよ」
「そうそう、そう言えば仕事の帰りに坂の途中に警官が二人いましたよ。あれは猪が出たからだったんですね。でも猪ごときで警官の出番になるんですかね」
「ちょうど子どもたちの下校時間だったからじゃないの? それで猪を見た人が警察に通報したんだら」
「なるほど、100kgの塊が突進して来たらひとたまりもないですもんね。だけど目の前に猪が出て来たら警官はどうやっつけるんでしょうね」
このところ、近所で猪出没騒動が続いている。立花地区に猪が出たという情報は以前にも聞いたことがあり、つい先日も中学校のALTの先生が撮った動画を見ているが、そのために警官がパトロールしているのを見たのは初めてである。
いよいよ普通に人が住んでいる日中の住宅地に猪が出没するようになったか。この調子だとこれから冬場に向かって餌を漁る猪に出くわすことがあるかもしれない。
伊豆と言えば猪、猪と言えば伊豆という頭はあったが、それはどこか自分とは縁のない話と思っていた。でもこうしてすぐ近くに猪が出たとなると縁がないとも言ってられなくなってきたぞ。

【タイムラプス】11月14日(火)6:15〜7:57の伊豆長岡の空。25秒。

【歩数】3,908歩。

賞見据ゑ励む席書や冬麗(あ)

特支学級では、日直の子が昼休みのうちに明日の予定をホワイトボードに書くことになっている。それで授業の内容を簡単に書くのだが、内容が判らない場合は日直が教科の先生のところへ直接訊きに行って書く。

それで日直が5校時の枠に「総合」と書いたが、何をするかが判らない。そこで給食後の歯磨きをしていた担任の先生に訊いた。すると担任は、「そうだな、書写にしよう。席書コンクールに出す作品を今週中に仕上げないといけないし、固め打ちだ」と、いとも簡単に答えたものだ。
ちょっと待ってください、書写の担当は私ですよ。今日も3校時に書写の授業があったばかりです。なのに明日もですか? 木曜も金曜も書写の時間(本来は国語)があるでしょう。それで十分間に合うと思うんですけど。一週間に4時間も書写にあてるなんてあり得ない。
でも、特支学級ではそれがあり得るんですね。担任は一国一城の主ですから、やりましょうと言われればやるしかない。やるのはやぶさかではないが、やらされる子たちはどう思うだろうか。ええっ? また書写ぁ? という声が聞こえてきそうだ。
それでもあえて書かせなければいけないのは正直言って骨が折れる。だけど、どうせなら賞状をもらえるレベルまで持って行きたいとも思う。あの子たちに自信を持たせたい。やればできるんだという気持ちを持たせたい。全校生徒の前で校長から晴れやかに賞状を受け取るあの子たちを見てみたい。欲張りかもしれないが、そんなことを思う。
なんだかすっかりやる気満々だが、そう、やる気満々なのである。そして、来年もやる気なのである。
「意向調査」の「継続勤務の意向あり」に○をした。人事異動が絡むから任用されるかどうかは蓋を開けてみなければ判らないが、とりあえず意向はそういうことにした。今日、校長に出せなかったので、明日、手渡す。

【写真】ベアード・ブルワリーガーデン修善寺

f:id:jijiro:20171114082326j:plain

f:id:jijiro:20171114082414j:plain

f:id:jijiro:20171114082455j:plain

f:id:jijiro:20171114082552j:plain

f:id:jijiro:20171114082637j:plain

f:id:jijiro:20171114082730j:plain

f:id:jijiro:20171114082802j:plain

昨日アップできなかった写真。
ブログをアップする時は、ここしばらくはiPhoneアプリはてなブログ」を使っていた。それで支障なく写真も「フォトライブラリ」から貼り付けられていたのに、昨日突然貼り付けられなくなった(でも、なぜかビールの写真だけはアップできたんだよな)。それで今日はブラウザ「Safari」からログインしてアップしてみた。

水墨画芦ノ湖と富士山(No.91)

f:id:jijiro:20171114082829j:plain

富士山がとんがりすぎた。日本一というイメージが先行してスマートな形にしてしまったが、実際の富士山はもっとなだらかなはず。

【温泉】あやめ湯。

【タイムラプス】11月13日(月)6:00〜7:43の伊豆長岡の空。25秒。

【歩数】4,270歩。

狩野川のほとり地ビール冬日向(あ)

昼の買い物を終えて、カミさんに「行きたいところがあるんだけど」と言ってベアード・ブルワリー修善寺に道案内した。
道案内といっても、そこへ行くのは私も初めて。グーグルマップをナビに目的地を目指したが、曲がろうとした道が工事中で進入できない。それで一旦通り越して下田街道をUターンして戻り、もう一本修善寺寄りの農道から入った。
ベアード・ブルワリー修善寺は、先日、茅ヶ崎の地ビール屋で呑んだ呑兵衛仲間から「沼津ラガーのベアードビールの醸造所が修善寺に移転したから行ってみればいい」と教えてもらい、ぜひ行ってみたいと思っていた。
農道を300mほど進むと、「あと150m」と表示された看板があった。そこから道が倍に広くなり、その部分だけ観光バスも通れそうな幅になる。すると先ほどの工事中の道は、この道へ繋げるための拡張工事であったか。将来的には工場見学の観光バスが下田街道から入れるようにするのだろう。
私はここで単に数種類のクラフトビールを買ったら、すぐに帰るつもりでいた。店の入口には「Open」の看板があるのだが、中に入ると照明が暗く、さらに奥へ続くもう一つの自動ドアを開けても、そこにはエレベーターのドアがあるだけで、どう見ても店の感じではない。階段のない雑居ビルの入口みたいだ。
建物の外に出て、再度「Open」の看板を確かめ、カミさんに「入口が判らないんだ」と話したところへ、従業員らしい人がマウンテンバイクに乗ってやってきた。その人に入口が判らないでいると言うと、その人はやはり従業員で、中のエレベーターで3階まで上がればいいと教えてくれた。
エレベーターで3階に上がると、開いたドアの真ん前で、半袖のユニホームを着た従業員が10人ほどのお客さんを相手に「ベアードビールができるまで」の説明をしている真っ最中だった。しまった、ビール工場見学ツアーグループの邪魔をしてしまった。
と思いながらグループに紛れて一緒に聞いていると、やがて説明が終わり、「では工場内をご案内します」の声に導かれ、私とカミさんもツアーにのこのこついて行くことにした。それで説明してくれた人に訊くと、グループは工場見学の時間にたまたま一緒になった個人のお客さん同士のグループとのことだった。なんだ、そういうことだったか。
3階からスタートして非常階段のような階段を2階、そして1階へと説明を聞きながら下りて行く。1階へ下りたらフロアいっぱいに柚子の香りが漂った。柚子ビールを造る準備に取り掛かり、今日はさっきまで手作業で柚子の皮を向いていたのだと言う。「ああ、柚子ビール、飲んでみたい」と言ったカミさんに私も思わず首肯。
1階から3階に戻り、ガラスの冷蔵庫にずらり並んだベアードビールの中から6種類を選んで箱に詰めてもらう。1本450円で計2700円。ここでようやくクラフトビールが買えた。試飲をしたかったが、家に帰ってまだやることがたくさんあるとカミさんに言われれば仕方がない。晩酌分の2本を加えてすごすご帰ってきた。
ただビールを買うだけでよかったが、思わぬビール工場見学というサプライズ付きで、なかなか充実した休日だった。とても勉強になりました。

(うっ、ベアード・ブルワリー修善寺の写真アップがうまくいかない)

【写真】ベアードビール。右が「わさびさびペールエール」、左が「黒船ポーター」。どちらかといえば「わさびさび」の方が好みの味かな。

f:id:jijiro:20171113081736j:image

水墨画】今日もお休み。

【温泉】一二三荘。

【タイムラプス】11月12日(日)6:19〜8:29の伊豆長岡の空。32秒。

https://www.facebook.com/aisakajiro/videos/10214720622711381/

【歩数】2,260歩。