いずぃなり

伊豆でのシニアライフ

こらそこの秋の新芽の名は何と(あ)

温冷交互浴を始めてから一ヶ月近く経つ。 温冷交互浴とは、湯と水を交互に浴びる入浴法で、体に刺激を与えることで抹消血管が開き、乳酸などが体外に排泄されやすくなるので疲労回復効果があるという。 私は、浴槽に3分浸かった後で水のシャワーを1分浴び、…

青虫の疎まれて秋蝶になる(あ)

午後7時から隣の地区の公民館で、市長も出席して「市政懇談会」が行われた。時間にして約1時間。 市長の挨拶の中に、「みなさん、台風が来ると知って何をしますか?」という問いかけがあった。私はとっさに、雨戸を閉めて板を打ち付け、家が吹き飛ばされない…

笑み弾け弾けもん勝ち秋祭(あ)

もし3年の修学旅行が行われていたら、昨日と今日はその代休の日だった。が、修学旅行は中止。代わりに昨日は第二グランドでバーベキュー大会。今日は体育祭学年種目のムカデリレーの練習と球技大会を行なった。 私は、今日は朝から帰りまで、3年生にずっと付…

富士秀麗秋夕焼にたじろがず(あ)

今年の学校祭体育の部(体育祭)まで残り一ヶ月を切った。 今日のグランドでの朝練習は、2年の学年種目・大縄跳び。今日の段階で40回近くも跳んでいるチームもあって、だんだん盛り上がりを見せてきた。 今年はコロナ禍の影響もあって、種目も精選されること…

いつ散ると見れば眩き百日紅(あ)

今日の北海道新聞コラム「卓上四季」を面白く読んだ。 冒頭、森鴎外(パソコンで「鷗外」と打てるようになったのになぜそうしない。収まりが悪い)の『杯』という短編を紹介する。 それは、こういう話だ。 7人の少女たちがそれぞれに大きな銀の杯を持って、湧…

災厄を闇に散らして秋花火(あ)

今日は、午後から「職を知ろうフェア」があって出勤。いや、タイムカードを押す出勤だと超過勤務になるので、タイムカードは押さない。だから、別に出勤しなくてもよかったが、いろんな職業を知るいいきっかけになると思い、個人的に興味があったので出勤し…

雨蛙見据うる前をローカル線(あ)

クラスの子に、「先生、好きな人いる?」と訊かれた。突然訊かれて、その意図をはかりかねながら、「いるよ」と答えると、「何人いる?」と続けて訊かれた。 「たくさんいるよ」と言うと「誰? 奥さん?」と食い下がる。その子の頭には「好きな人=奥さん」…